読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サービスを受けるだけっていう姿勢は金の無駄だという話

 

みなさんは、日常生活の中で様々なサービスを受けていると思います。

私も受けてます。

 

f:id:blogmiso:20170220232702p:plain

 

美容室、写真館、学習塾、ピアノ教室.......

 

これらの「何かをしてくれる」っていうところを利用するとき、

「してもらう」っていう意識だけじゃサービスを利用しきれないし、逆にお金の無駄だなあと思いました。

 

 

今日、図書館でこの本を読んでいたんです。

 

 
最近どうしても治らない自分の性質がちょっと気になって、カウンセリング受けてみたいなって思ったのでこの本を読んでいたんです。
 
この本の中で「カウンセリングを受ける側(クライアント)は、カウンセリングをより効果的にするために、なぜカウンセリングを受けたいか、カウンセラーに何を求めるか考えておきましょう」というようなことが書いてありました。
 
私はこれを読んで、「あーそういえばそうだなあ」っていうのを思い出したんです。
 
サービスを受ける時は、自分のことを知ってた方がより効果的にサービスを受けられる。そしてそれをサービスを供給する側に的確に伝える必要がある。
 
「お金を払って何かをしてもらおう」っていう意識だけじゃ、
サービスを利用しきることはできません。
それどころか、お金の無駄になることもあります。
自分の要望を明らかにし、サービス供給側に伝えることが大切です。